ミュゼ脱毛

VIO脱毛の範囲と脱毛の形

脇の脱毛は今や当たり前、最近ではアンダーヘアのお手入れも常識となっています。そこで気になるのがVIO脱毛についてです。VIOって耳にするけど一体どこの範囲のことを指すのでしょう。VIOとはアンダーヘアやデリケートゾーンを脱毛する際に示す脱毛範囲の事です。Vはビキニラインで、水着を着るときに気になるラインです。続いてIは股の間のライン、Oはヒップの奥のヘアの事です。この3つの範囲のヘア処理をVIO脱毛と呼ぶのです。

 

範囲や形

ではもっと詳しく、各部位の脱毛範囲や形について見ていきましょう。
まず、Vラインですが、こちらは様々な形に脱毛することが可能です。
ハイジニーナといって全て脱毛することも可能ですが、やはりデザインして残す人が多いです。例えば、足の付け根のラインだけを脱毛すれば、水着を着たときのはみ出しが気になりません。また、正面から見て自然にヘアが残っていれば脱毛したとしても温泉等で安心感があります。自然に残すためにも、逆三角形、スクエア、楕円、Iライン型と様々な形にデザインし、それ以外の部分を脱毛するということです。ナチュラルにヘアを残していれば脱毛したことも気づかれませんね。

 

次にIラインですが、こちらはいわゆる下着の股の前の縫い目あたりの部分です。ここの脱毛のメリットはずばり、清潔感です。生理中に蒸れることもないし、さっぱりさせたい人にとってIラインの脱毛範囲は全て脱毛を選ぶことが多いです。ただナチュラル感を重視する人にはVラインから徐々にヘアをなくしていくデザインが安心です。

 

最後にOラインですが、こちらは人によってヘアの生え具合に差があります。また、自分では確認できないし自己処理も難しい部分になりますので、気になる人は全部脱毛することが多いです。この脱毛範囲は全部処理しても人に見られて不自然と思われることが無いので、思い切ってしまっても平気です。
アンダーヘアの処理は、蒸れやかゆみから解放されるのでとてもメリットの多いものですが、きちんと考えて行わないと「脱毛しました」と不自然に見られてしまうこともあります。よくデザインを考えて進めましょう。