ミュゼ脱毛

医療脱毛で気を付けるポイント

医療脱毛はエステサロンで行う光脱毛ではなく、医療レーザーを使った脱毛です。出力が高いので脱毛効果が高いのですが、その代わりに肌への負担も大きくなります。
そうなると、肌が弱い人の場合には、火傷の危険性もあるので気をつけなければいけません。医療脱毛を行うためにはカウンセリングや施術方法についての説明などとともに、毛や肌の検査も行われます。ここで何か問題があるのであれば、施術はできても十分なケアをしていくことが必要となります。
注意点としては、まず施術前に日焼けをしてはいけません。レーザーは毛に含まれるメラニン色素に反応するので、肌が焼けていると底の部分のメラニン色素が熱をもってしまいます。そのような状態では施術はできないので、外出時などに日焼け止めを塗って肌の状態を守るようにしておきましょう。ただし、施術当日は日焼け止めを塗ったままでは、出来ないので素肌にしておかなければいけません。

 

自己処理はダメ

それから、自分で無駄毛を処理してはいけません。メラニン色素が集まるのは毛根なので、自己処理をしていまうとレーザーに反応しなくなります。
医療脱毛を行った後は、肌に少なからずダメージが加わっている状態なので、更なるダメージはさけなければいけません。保湿クリームや乳液などをしっかりと塗って、肌の乾燥を防ぎましょう。紫外線を浴びると肌にダメージが加わるので、施術後も十分に日焼け止めを塗っておきましょう。目安としては2週間位は、医療脱毛の影響が残っているので、その間はケアが必要です。
そして毎日入る風呂ですが、施術当日はシャワーを浴びるくらいならば問題はありません。しかし、湯船に浸かって肌を擦るというのは、やはりダメージが加わるのでやめておきましょう。
医療脱毛で万が一火傷が起きてしまったときには、施術をしてもらった医療機関にて治療をしてもらうことです。そのようなことを想定して、肌トラブルが起きたときには完全無料で保証してくれる医療機関を選ぶようにしましょう。